誰でもなり得るうつ病とは?その治療法の種類と薬に頼らない療法を紹介


うつ病とはどんなものか?

うつ病は、誰でも罹患する身近な疾病です。単に気分が落ち込み不安に囚われるという心理的圧迫感だけでなく、食欲不振からだるさや吐き気まで身体にも症状が現れることがあります。個人差があるものの、一般的には、うつ病になると無気力・無関心で無表情になり、何をしても楽しめないという状態に陥ると言われています。大人しくて内向きの性格の人が罹患するとは限らず、元気で活発な人でもうつ病になることも珍しくありません。従来型のうつ病の場合は、一旦罹患すると環境の変化に関わりなく症状が続くことが多いと言えるでしょう。しかし、職場にいる時だけ症状が現れ、職場を離れると症状が消えて元気になるという新型のうつ病の類型もあります。

薬物を用いたうつ病の治療法

うつ病の治療方法には様々な種類がありますが、まず薬物療法が挙げられます。心身を健康に保つために必要な脳内物質が活発に分泌されるような働きをする薬や、導眠剤と呼ばれる睡眠薬を使うことが多いと言えるでしょう。こうした薬を服用すると、脳内快楽物質の分泌が促進されて落ち着いた心理状態に戻り、安眠できるようになります。ただし、中には副作用が強い薬もあり、医師の適切な指導の下に服用することが欠かせません。

薬に頼らないうつ病の治療法とは?

また、認知行動療法という薬に頼らないうつ病治療法もあります。行動療法は、うつ病患者が医師やカウンセラーと面接し、自分の考え方のクセを客観視し修正していくものです。うつ病の原因の一つとして自分へのこだわりがあるとされていて、自分への執着から解放されればうつ病の症状は軽減されるという発想に基づいた治療法と言えるでしょう。自分の思い込みやプライドにこだわりのある人は、他人との軋轢に弱く傷つきやすいため、他人とのコミュニケーションが上手くいかないと心理的に追い詰められることが少なくありません。

こうした要因がうつ病につながるケースがあるので、行動療法ではうつ病患者に自分へのこだわりを自覚させ、こだわりから解放されるよう導いていきます。うつ病患者は、毎日自分の経験やそれによって感じたことを記録していき、医師やカウンセラーに伝えていきます。医師やカウンセラーは、その記録の中から患者の心の傾向を読み取り、こだわりを捨てられるようアドバイスしてゆくのです。

うつ病治療の病院の選び方

うつ病治療の病院は、精神科や心療内科と呼ばれ、薬物療法を主体とするクリニックが主流です。しかし、薬物療法と行動療法を組み合わせる治療法や、薬物を一切使わない治療法を採る医療機関も珍しくありません。うつ病患者は、自分に合ったクリニックを探すため予めホームページを熟読してよく研究してから受診すると良いでしょう。

TMSとはTranscranial Magnetic Stimulationの略で、地場を利用して脳の回路接続の機能を検査する医療行為です。日本では経頭蓋磁気刺激法と呼ばれており、患者の身体に負担がかかりにくいうえ、脳梗塞やパーキンソン症候群を早期に発見できます。