今からでも間に合います!膣のアンチエイジングで女性らしさを取り戻そう


加齢によって低下する自浄作用

女性の膣は、常に細菌にさらされやすい環境にあります。それでも何も起こらないのは、膣の自浄作用が常に働いているからなんです。でもこの自浄作用、加齢とともに低下していくため、放っておくと炎症等のトラブルが増えやすくなります。同時に粘膜エリアも非常にデリケートです。洗い過ぎは逆に炎症の原因になりますので、刺激の強い洗い方は避けた方が無難です。膣やその付近に痛みを感じたり、臭いが気になる事があれば、医療機関を受診するのも手です。膣縮小施術など、あなたにあった改善策を提案してくれるでしょう。

膣のケアに適齢期ってあるの?

女性は経験する人も多い野が出産です。出産はほとんどの場合、体の一部を傷つけてしまいます。特に「骨盤底筋」や筋肉を支えるじん帯は、ほぼ損傷を受ける部位です。この部分が損傷を受けると、尿漏れや尿意切迫感などが起きやすくなってしまいます。出産を経験していなくても、40代を過ぎると骨盤底筋は緩んできます。子宮や膣といった部位にもマイナスの影響が出始めやすくなります。個人差はありますが、40代は膣ケアを考える一つの目安になるでしょう。ケアの一つとして膣縮小も有効です。

膣ケアや骨盤底筋を鍛えて若さを取り戻そう!

人間が加齢するに従って、大体の人は性欲が減退していくものです。ただ、お互いが自分にできる努力をすることで、2人の性生活を充実した物に出来る可能性があります。女性であれば、大切な人を受け止める部分も、努力する余地が残されているかもしれません。そのための方法として有効なのが、骨盤底筋の強化や膣壁縮小術などの施術です。

膣壁縮小術って何だろう?

膣壁縮小術とは、自分の体の一部(おなかやお尻など)から余分な脂肪を採取し、それを膣の粘膜に注入する施術の事を指します。これにより膣内腔を狭くすることが可能です。膣の悩みを解決し自分に自信を取り戻したい人には向いている施術です。この施術で一番安心出来る点は、自分の体の一部を使うという点です。例えばヒアルロン酸のように体に吸収され、効果を実感出来なかった・・・ということはありません。自分の脂肪を使うので、安全安心です。一方、ヒアルロン酸を使用した膣縮小術もあります。脂肪を利用する施術と比べリーズナブルな料金で利用できます。

膣縮小施術のリスクやメリットについて

個人差はありますが、施術後に頭痛、蕁麻疹、倦怠感、痒みなどを生じる事があります。このあたりのリスクは、施術前に医師から説明する義務がありますが、必ず確認しておきましょう。

一方メリットとして、施術を行った大部分の人が効果を実感し、充実した生活を送っているようです。自分が満たされるとパートナーも多分にその影響を受けます。体の悩みはとてもデリケートな問題です。気になったら悩むばかりでなく、専門家に相談してみましょう。

膣縮小術は、広がりやゆるみのある膣を縫い縮めて改善する美容外科手術です。膣の締まりが良くなる他、尿もれ予防にも効果が期待できます。手術の多くは局所麻酔でおこなわれ、所要時間は1~2時間程度です。