育毛するなら生活習慣を見直そう!髪の毛に良い生活とは


生活習慣の悪化が薄毛を招く

薄毛に悩まされる原因の一つに、悪い生活習慣というのがあります。髪の毛と健康は密接に繋がっており、不規則な生活をしていると、髪の毛の元気もなくなってしまうのです。育毛するためには、頭皮の血流を増やし、栄養や酵素を行き渡らせることが大切になります。しかし、ストレスがたまっていたり、運動不足の状態が続いたりすると、血行不良に陥手ってしまい、栄養が髪の毛に届かなくなってしまうのです。薄毛を予防したり、健やかな髪の毛を育てたりするためには、規則正しい生活習慣を身につけなければなりません。育毛によい生活習慣とは、具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。

質の良い睡眠を心がける

仕事やプライベートが忙しいと、ついつい睡眠時間を犠牲にしてしまうこともあります。睡眠時は、身体の細胞を修復する成長ホルモンが最も多く分泌されます。成長ホルモンがしっかりと分泌されることで、髪の毛を成長させたり、日中に受けたダメージを修復したりすることができるのです。寝不足は髪の毛にとって良いことは一つもなく、睡眠不足が長い期間続くと抜け毛や切れ毛が増えていきます。

育毛のために、質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。睡眠は、成長ホルモンの分泌が活発になる、夜22時から2時のゴールデンタイムに寝るのがベストです。睡眠時間は、最低でも毎日6時間以上確保するようにしましょう。睡眠不足を改善することで、仕事のパフォーマンスが向上すると言われています。仕事で結果を出したい、そんな時こそ、無理をせずしっかりと眠ることが大切です。

適度な運動を心がける

運動不足は血行不良を引き起こすため、抜け毛や薄毛の要因の一つとなっています。適度な運動を心がけることで、 必要な場所まで栄養が行き届きやすくなるだけでなく、自律神経やホルモンのバランスを整えるといった嬉しい効果があります。育毛力に力を発揮するのは、酸素を取り込み、体中の血行を良くする有酸素運動です。有酸素運動の代表的なものには、ジョギング、ウォーキング、水泳、サイクリングなどがあります。

運動をすると血液の循環が活発になり、髪の毛に栄養が届きやすくなりますが、肝心の栄養がない状態では意味がありません。髪の毛に良い食べ物を中心とした、バランスの良い食事を意識しましょう。育毛に効果的な栄養素には、たんぱく質、亜鉛、ビタミン、鉄分などがあります。また、汗をかくと、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の減らすことができると言われています。髪の毛のために、有酸素運動でガンガン汗をかいてDHTを排出させましょう。

育毛とは、今生えている髪をじっくりと育てていくことです。フケや痒みが出るのを抑えたり、毛が抜けすぎないように調整したり、様々なアプローチを行います。